モテる40代女ほど、婚活でドツボにはまるの!

キャリアもあってキレイで知的。なのに婚活がうまくいかない理由を教えてあげるわ

このコラムでアラフォーは結婚できない、40代女はやばいぞ!って言い続けてきたけど、最近の40代ってけっこう若いわよね、いろんな意味で。仕事もバリバリやって、美容や健康にも気を使って、お金も使ってさ。「私は『中年の星』でいい」って男前な発言したキョンキョン(小泉今日子)じゃないけど、キレイで知的でサバサバしてて、男にも女にもモテる40代女がけっこう増えている気がするの。

自分磨きに余念がないし、その辺の男より金払いもいいし、「あー、こんな旦那がほしい!」ってアタシが思うくらい、気持ちいいくらいモテモテの40代女。アナタの周りにもひとりやふたりはいるんじゃないかしら?でもそういう女に限って、なかなか結婚できずに独身でいたりするワケ。

女が考える「理想のオンナ」と男が求める「理想のオンナ」は違う

よくある話だと思うんだけど、女から見た美人と男から見た美人って違うじゃない?これはもう生理的な感覚だからどうしようもないんだけど、女は顔やスタイルが完璧で、知的でエレガントでエクセレント!な女を「理想のオンナ」って思うわけよね。こんな女に生まれたかった・・・と、もろ手を挙げて降参、みたいな。

一方で男は自分よりレベルが上の魅力的な女にアプローチする傾向があるけど、あまりにレベルがかけ離れてもダメみたい。自分より「ちょい上」くらいが理想なのかもしれないわね。まあ、男として最低限の自信が維持できるような相手じゃないと付き合うのは難しいでしょうね。言い方悪いけど、制圧しやすいちょいバカ女くらいが理想、って感じ?

人として男にも女にもモテモテな40代女が婚活で苦労するのは、きっとこの男のバランス感覚が原因なんじゃないかと、アタシは思っているのね。仕事もできてお金もあって、すべてにおいて高レベルな女には手が出せないというか、手が出ない。なぜなら自分がその女より劣っているから。

そんなハイクラスな40代モテ女が婚活で勝てない理由について、アタシなりに整理してみたわよ。

【モテる40代女が婚活弱者な理由】

「結婚相手」となるたったひとりの男にだけモテればいいはずなんだけど・・・40代モテ女が婚活の場で勝てない理由をいくつか挙げてみた。

  • 高スペックが結婚できないリスクを生むキャリアがあって社会的にも認められて経済的にも自立、下手すりゃ自分より高収入。最新スポットやグルメについてもくわしくて、エステやトレーニングで若々しい容姿を維持。資格取得のための勉強を欠かさず、週末は趣味の習い事や旅行でリア充な40代女。そんなオンナと出会っても、「どうぞ一生、そのままずっとひとりで生きていってください!」と思ってしまうでしょうね、その辺にいる男は。友人としてならリスペクトできるけど、付き合いたい、結婚したい・・・という感情は抱きにくいんじゃないかしら。高スペックであればあるほどつりあう男を探すのは大変だし、普通の男じゃとても太刀打ちできないという印象を与えてしまう。だからどんどん結婚できる可能性が遠のいてしまうのよ、きっと。
  • 弱点のない女は可愛げがないアナタの友だちの中に、“ミス・パーフェクト”みたいなオンナはいない?見た目はもちろんのこと、料理させりゃプロの腕前。なにをやっても上手だし、そつなく立ち回れるタイプ。人間って浅はかな生き物だから、こういう優等生というかなんでも持ってる相手に対して、劣等感や敗北感、ジェラシーのようなものを感じるわよね。弱点はひとつも見当たらず、失敗することもなにもないから突っ込みどころも見つからない。こういう女はだいたい可愛げがない、と思われることが多いの。外面も内面もせっせと磨いて、いい奥さん(候補)になろうと努力した結果、“可愛げがないオンナ”という称号しか与えられないのだとしたら、身もふたもないわよねえ。
  • 自分に厳しいぶん、他人にも厳しいモテる女の定義にもいろいろあると思うんだけど、特に同姓にモテる女に多いのはきっぷのいい女や自分に厳しくかっこいい女じゃないかしら。人生哲学もしっかり持っていて、ひとたび悩みを相談すれば独自の見解で歯に衣着せぬコメントをくれる、頼りがいがある存在。ときに厳しすぎるほど辛らつなことも言うけれど、そのぶん親身になって話を聞いてくれるから思わず惚れそうになっちゃう。自分を甘やかさずに生きてきたからこそ、他人にもアドバイスできるし、相手も納得して聞いてくれる。でも・・・これが婚活とか恋愛とかになると、アダとなる場合が多いのよ。自分に厳しいぶん、どうしても他人にも厳しくなっちゃう。自分は自分、他人は他人と分けて考えればいいのだけれど、価値観や人生観を共にしたい結婚、となるとそうもいかないでしょ?人間としてどんなにすばらしくても、結婚後の夫婦間力学を考えると、つつしんでご遠慮申し上げたいタイプに入っちゃうかも。

【モテる40代女が選ぶべき結婚相手】

じゃあ負け続けのままでいいかというと、そういうわけにはいかないでしょ?40代のモテ女はね、こういう男を結婚相手に選べばいいの!

  • 頼りがいのある女を求めるオトコ姉さん女房なんて言葉が昔からあるように、女性にぐいぐい引っ張ってもらわないとダメな男っているじゃない。売れない芸人を支える奥さんなんて、そんな感じの女性が多いわよね。男性にリードしてもらわないとダメ、なんて言ってるからいつまで経っても出会いがないのよ。ちょっとダメ男くらいの相手のほうがコントロールしやすいし、伸び代も大きいでしょ?
  • リスペクトできる年上のバツイチ40代の高スペック女を喜んで引き受けてくれる男、それは・・・“一度目の結婚には失敗した、高スペックのバツイチ男”じゃないかしら。高スペックには高スペックをあてろ、ということよ。ただ普通に婚活してたら出会えないから、「ハイステータスなバツイチ男」が入会している結婚相談所に入会するしかないわね。
  • 地元の同級生や昔の職場仲間理想は、「昔お互いに気になってはいたけど、付き合うところまではいかなかった」という相手。運よく独身ってことがあるかもしれないから、ダメもとで同窓会なんかに出てみるといいわよ。アタシの同級生も、同窓会で再会したことがきっかけで結婚したもの。新規開拓より少ない労力で成果が得られるかもしれないわよ。

このほかにも
・習い事や趣味の講師や同じ教室の仲間
・資格取得などの勉強会やセミナーの参加者
・地元のボランティア参加者
・社会人サークルの仲間
・いきつけの飲食店の常連
など、意外に見落としているかもしれないから、よーく見回してチェックしてみたらどう?

~AYAデラックスからの助言~
ピッカピカになるほどの自分磨きは厳禁!

どうせ磨くなら、男選びの感性を磨きなさいね
外面も内面も磨きまくって鏡のようにピッカピカにしたい気持ちもわかるけど、メンタル弱めの男が増えてきている昨今、あまりに自分のレベルを高めすぎるとますます結婚できなくなる可能性が高いと思う。だいたいね、同じ40代でも男と女を比べると、明らかに女のレベルのほうが高いのよ。なのにさらに高みにのぼっちゃったら、フツーの男なんてみんな、雲の下に隠れちゃうわよ?山の頂にいる超高レベルな男しか相手にしない、というのなら話は別だけど。
AYAデラックス

30代までは男女差はそれほどないはずなんだけど、40代になると圧倒的に男は「オッサンくさい40代」が増えていくし、逆に女は「美魔女仕様の40代」が増えていく傾向があると思うのね。まあそれはそれで事実だからしょうがないけど、婚活目的で自分磨きをするのであれば、あまり度が過ぎないように気をつけて。キレイなまま歳を重ねるのは素敵なことだけど、自分磨きは別の角度から見れば“自己愛が強い”ということだから、ほどほどにしないと磨きすぎですっ転んで自滅する羽目になるかもよ。

まあ、40代だけじゃなくて50代も60代も若くなったし、元気な人が多いのはいいこと。どの世代も女のほうが好奇心旺盛だし、新しいものやことにどんどん挑戦していくし。中年オトコにももう少し気合入れてがんばってもたいたいとこなんだけどねえ。

最後にこれだけは言っておきたいんだけど、どうせ磨くんだったら、自分じゃなくて“伴侶とすべき男を見分ける感性”を磨きなさいね。男を見る目がないから40代まで独身でいるのかもしれないし、目の前に候補がいるのに気付かないのかもしれない。だから男の選球眼を磨くことこそ、婚活弱者の40代オンナの最優先課題なんじゃないかしら。

よく読まれている人気のページ

40代におすすめしたい結婚相談所を教えます 40代からの出会いに使える5つの婚活方法を比較!

PAGETOP