写真の撮り方|40代の婚活プロフィールの作り方

婚活プロフィールの作り方の中から、写真の撮り方・撮られ方について考えるわ。

婚活プロフィールに「自分らしい写真」がある安心感

婚活をする人の中には、写真を撮られるのが苦手な人がたくさんいるのよね。そのため、写真掲載を不可にする人もいるようだけど、写真がないと異性に会える確率は格段に下がってしまうわ。

写真には「この人と会うんだ」という安心感を与える効果があるから、できるだけ写真は掲載すべきよ。

プロフィール写真1枚で、婚活の成否がわかれるといっても過言ではないわ。

「思わず、会いたい!」と相手に思わせるプロフィール写真には、次の2つのポイントを押さえることが大切よ。

ポイント1.スタジオ撮りのプロフ写真

最近はスマートフォンのカメラ機能も良くなって、キレイな写真が手軽に撮れるようになったわね。だけど、本気でイイ相手と巡り会いたいなら、プロのカメラマンに撮ってもらうのが鉄則ってコト忘れないで。

スタジオで撮るプロフィール写真は、お見合い写真のようで相手からの信頼感もグッと増すわ

撮られる方も緊張するから、いつもの笑顔が出にくくなることもあるの。そんなときは、カメラマンを頼ること。彼らは話好きで心をほぐしてくれる人が多いから、会話をしながら、自然な表情を引き出してもらいなさい。

また、事前にヘアスタイルや服装を整えておくことも重要よ。

例えば、結婚相談所なら「トータルコーディネート」という名の、モデルさんによるスタイリングサービスを行っているところもあるわ。自分の新たな魅力を発見するためにも、自宅にある「一番いい洋服」よりも、ショップ店員や友人などの他人の目を入れた「今の自分に似合う服」を選ぶ方がブナンね。

サポートが厚い婚活サービスなら、写真スタジオと提携していたり、おすすめの写真スタジオを紹介してくれるところもあるらしいわ。

ポイント2.自然な場所でのプロフ写真

どうしてもスタジオ撮影が苦手な人は、自分の好きな場所で撮影する自然な写真を入れるのもアリ。

山歩きが好きな人は山頂で撮るなど場所にこだわったり、サッカー観戦が好きならユニフォームを着て、料理が好きならエプロンを着てなど、着る服にこだわってみるのも面白いと思うわ。

こうすることで趣味や自分らしさをアピールできるメリットが生まれるわよ。

とくにオンナの場合、エプロンを着たり、フライパンを持った写真にすると効果大というデータもあるらしいわ。オトコは料理ができるオンナを求める傾向があるから、そういった心理テクニックを利用してみるのも面白いわね。

そのほか、春夏秋冬にあわせて、季節感のある写真にするのもイイそうよ。

いずれの場合も、自撮りでは画角がおかしくなるから、カメラが得意な人に頼むようにした方がいいわ。プロのカメラマンでも1日5万円前後でロケ撮影をしてくれるから、こうしたサービスを頼むのも良さそうね。

よく読まれている人気のページ

40代におすすめしたい結婚相談所を教えます 40代からの出会いに使える5つの婚活方法を比較!

PAGETOP