自己紹介文|40代の婚活プロフィールの作り方

婚活プロフィールの作り方の中から、自己紹介文の書き方をレクチャーするわね。例文を交えながら、相手の心をひきつけるコツを教えていくわ!

婚活プロフィールの自己紹介文の書き方

婚活をしたことがある人なら誰もが経験のある、自己紹介(自己PR文)。案外苦手にしている人も多いんじゃないかしら?

けれども、自己紹介文で自分の魅力がうまく伝わらなければ、誰も注目してくれないのだから、出会うことすらままならなくなるわね。

ここで自分についてきちんと向き合い、見つめ直せば、お見合いやデートのときにも相手との会話がしやすくなるはずよ。

それじゃあ早速、例文を交えながらアピール方法を紹介していくわね。

あなたを勝者へと導く!?婚活プロフィールの文例を紹介するわ

「結婚に対してどう思っているのか?」「結婚したらどんな生活を送りたいのか」コレ大事よね。

例文1「理想の結婚像を伝える」

■オススメの文例

  • 一緒にご飯を食べたり、笑いあったり、出かけたり。そんな楽しい家庭をつくりたいです。
  • お互いを思いやり、なんでも言い合える関係を築きたいです。
  • 理想の夫婦像は、いつでも協力して互いに支えあえる仲です。

付き合うことと結婚することは違うのよ。結婚に対する概念?っていうのかしら。それがマッチしないことには、一緒になるなんてムリよ。素直な自分の気持ちを言って、それに答えてくれる相手を見つけるの。「一緒に」とか「お互い」っていうワードを入れるとイイかもね。自分の希望だけ並べても、独りよがりな印象を与えるだけよ。

例文2「自分の良さや強み、好きなことをアピール」

自己紹介文の中で、相手が最も重視するのはココ!と言っても過言ではないわ。手抜きは禁物よ。

■オススメの文例

  • 趣味は料理です。特に和食が得意で、好みを言ってもらえればアレンジすることもできます!
  • 最近のマイブームはジョギング!身体を動かすことが好きなので、一緒に運動してくれる人に出会えたらいいなと思っています。
  • 映画鑑賞が好きで、一番のお気に入りは「〇〇」。現在英語を勉強していて、目標は字幕なしで映画を観ることです。

自分を表現するのって難しいわよね。「いかに自分を良く魅せるか」なんだけど、ある程度の謙虚さは必要よ?ただ、無難に「優しい」とか「おとなしい」で終わるのはNG。「プラスもうひと押し」を意識すること。あと「アレもコレも好き」よりは、アピール要素を一つに絞って話を掘り下げるほうが、より相手に印象づくわね。相手は「お互いの共通点」や「尊敬できるポイント」を探してるから、出し惜しみせず、存分にアピールすることね。もちろん嘘はダメ。誠実さは必須よ必須!

例文3「マイナス面を隠さない」

「自分にはこんな短所がある」っていうのを先に伝えておくのはアリよ。だって、それでも相手からアプローチがあれば、その短所を受け入れるっていうサインでしょ?

■オススメの文例

  • 周りからは、「頑固だけど、隠し事をせず真っ直ぐなところが良い」と言われます。
  • マイペースなところがありますが、常に笑顔を心がけていて、人を笑わせることも得意です!
  • 初めのうちは人見知りすることがありますが、仲良くなると話が尽きないタイプです。

もちろん、「短所だけ言う」なんてのはバカがすること。マイナスなイメージだけを与えて「ハイ、終わり」ってならないようにね。ポイントは「こんな短所があるけど、こんな長所もあるの!」っていうのを盛り込むこと。短所はサラッと、長所はババーンといくのよ。自己分析が難しいなら、「よく〇〇と言われます」的な、他人からの評価を使ってアピールするのもアリね。

例文4「相手に対して条件があるなら明確に」

交際がスタートした後にあれこれ言われるのって、ヤな感じじゃない?「先に言いなさいよ」って思っちゃうわよね。いずれ伝えるべきことは、何でも先手を打っておくべきよ。

■オススメの文例

  • 2人で暮らしている両親が心配なので、できれば近くに住みたいと考えています。
  • マイペースなところがありますが、常に笑顔を心がけていて、人を笑わせることも得意です!
  • 休みが不定期なので、それを理解してくれる男性に出会えたらいいなと思っています。

求める条件は人それぞれよね。アタシの場合、収入や容姿の条件を言ってくるヤツはお断り。でもさ、子どものことだったり仕事のことだったり、どうしようもないことがあるのよね。それは後回しにせず、先に言うべきよ。ポイントは「〇○なので」っていう理由づけを忘れないこと。理由なしにいきなり条件をつきつけられたって「何なのよアンタ」ってなっちゃうから。

…というワケで、自己紹介文はほんっと大事よ!相手に与える印象を大きく左右するんだから。「会えば自然に良さが伝わるはず」なんて考えないこと。プロフィールで「この人と会ってみたい」と思わせることができなければ、出会いもクソもないのよ。

わかったら、良い自己紹介文が書けるように頑張りなさい。いい?文章は短すぎると伝わらないし、長すぎると読むのがめんどくさい。見やすさと読みやすさに配慮しつつ、文章の中で最大限に自分をアピールするの。結婚相手を探すのって、就活みたいなもんよ。いかに自分の良さをアピールできるかにかかってる。頑張ってね。応援してるわ!

よく読まれている人気のページ

40代におすすめしたい結婚相談所を教えます 40代からの出会いに使える5つの婚活方法を比較!

PAGETOP